ヨットの作り方

あなたがボートを帆走させるとき、風が吹く側を見るために旗を見てください。 風が左側から吹いている場合は、ろうそくを半分にして舵を左に向けてください。 風が右側から吹いている場合は、ろうそくを半分だけ放してください。 舵を右に向ける。 風が前に吹いていると、押すとワゴンがひっくり返ります。 風がその側に吹くまで池の周りに行きます。 次の記事、 セーリングボートの作り方を見てください

あなたが必要となります:
  • 一辺30cmの正方形のポリウレタン
  • 40センチの細い棒
  • 鉛筆とはさみ
  • 強力なビニール袋
  • 空の歯磨き粉15本のペーパーピンの2本の管
  • 太い糸または細いロープ
  • 長い太いピン
  • ヘアピン
  • 弾性ゴムと錫またはアルミホイルのバンド
  • 針と糸と小さな釘
従うべきステップ:

1

最初に、 ポリウレタンシートの上に長さ約25 cmのウェーハの輪郭を描きます。 ハサミで切ります。 エッジとコーナーを締めて、ワッフルをチンホイルで包みます。

2

ビニール袋から彼は 2本のろうそく切る。 最大のものは高さ40 cm、最短のものは30 cmです。 それからあなたは図面に見られるように長く細い旗を切り取ります。

3

それから大きなろうそくの曲がった面とまっすぐな面を折ります。 折り目を縫う。 折られた辺の角を切ります。 あなたが図面で好きなように開口部を通して鉛筆を入れてください。

4

それから、長さ60cmの一本のひもを切ります。 小さなろうそくの湾曲した側に沿って伸びるを置きます。 裾を作り、それをずっと縫います。

5

長さ6 cm、幅3 cmのポリウレタン片を切ります。 中央に穴を開けます。 両側にピンを差し込みますヨットの前面から約6 cmのところにピースを置きます。

6

次に、図のようにを穴に入れます。 上にピンを置き、2本のひもを結ぶ クラブの両側に合わせ釘をはめて、ロープの自由端を結ぶ。

7

ロープの一端を小さな ろうそくからピンまで引きます。 ボートの前にピンをはめて、ロープのもう一方の端を結びます。 フラグの片側をピンの上に折り、取ります。

8

ろうそくの角に小さな穴をあけ、 細いロープでそれぞれのろうそくを結びます。 ボートの両側に2 ずつ、背面に他の2 を入力します

9

それから、長さ約5 cm、幅3 cmのポリウレタン片を切ります。 輪ゴムを巻きます。 ポリウレタンを通して4 本のピンを、後ろを通してボートを通してください。

10年

次に、歯磨き粉のチューブの両端をハサミで切る。 あなたが図面で見る形にフォークを折ります。 ラダーを作るためにフォークの上にチューブの一端を巻きます。

11

ウェーハの裏側を置き、その下にフォークの端を差し込みます ゴムバンドフォークの端に通します。

12年

それから歯磨き粉の別のチューブの上部を切ります。 両側にスロットを作ります。 いくつかの釘を入れて、それが平らになるまでチューブを押します。 これはキールとして役立ち、ボートが転倒するのを防ぎます。

13年

最後に、背面とマストの間のウェーハの中央に切り込みを入れます。 それを下に挿入することによってチューブを入れてください。 ウェハ上部の2つのフラップを折りたたみます。